2016年度産 愛馬たち
2015年度産駒へ ←← ↑うまなりメイト 入口へ↑ →→2017年度産駒へ
  サイトマップへ  

◆パラダイスリーフ◆
(16-01)
シルキーラグーンの16 写真   2016年5月28日生 牡・黒鹿毛

美浦・木村哲也厩舎所属

父 ディープインパクト
母 シルキーラグーン
母の父 Brian's Time

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,700m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間はスタミナ強化のため、周回コースでの距離を2,700mに延ばしています。まだまだ全体的に幼さを残しており、特に気性面での幼さが目立ちます。調教前の常歩では集中力を欠くことが多く苦労する場面も多々ありますが、乗り出すと幼さは見られず素軽いキャンターで調教を行えています。乗り込みを重ねてもコンディションが安定してきましたので、調教の進度を落とすことは無くなりました。走り自体は良いものを持っているので、全体的な幼さが抜けてくれば一気に良化してくると思います。今後も継続的な乗り込みをしつつ、心身の成長を促していきます」馬体重475s

 2018/05/15 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1,600m
担当者「この中間も一日置きに週3回の坂路調教を継続しており、ハロン16秒から日によっては終いハロン15秒まで伸ばしています。常歩時はいくらかソワソワして集中力を欠いたところを見せていますが、走り始めると真面目ですし、とても前向きに調教に取り組むことができています。徐々に筋肉量が増しており、騎乗していてもとても安定したパフォーマンスを見せるようになってきました。夏の北海道開催でゲート試験にパスすることを、現時点の目標にしています」馬体重466s

 2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,700m
担当者「この中間は坂路調教を週3回に戻し、それ以外の日は周回コースで長距離をじっくりと乗り込み、体力強化に努めています。乗り込みつつ動きは以前よりもしっかりしてきていますし、馬体に関しても体重の割に腹回りにゆとりを残しつつ進めることができています。毛艶も少しずつ良くなってきており、状態は上がってきていますし、今後の更なるペースアップの下地が出来つつあります」馬体重460s
(6/2 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 首や四肢は長めで芯が通って関節の可動域も広く、筋肉の張りと柔軟性が卓越した好馬体です。食欲旺盛で体力もあり、しっとりと薄い皮膚の手触りに内面の健全さも確認できます。群を抜いた身体能力から繰り出す一挙一動や、品格を宿した賢明で集中力のある気性にも父の美点が色濃く映り、世代屈指と思わせる才能が眩しい優駿です。
(シルクPOINT血統より)
 白老ファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:パラダイスリーフ 欧字表記:Paradise Reef 意味由来:グレートバリアリーフのダイビングスポット。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆スイートウィスパー◆
(16-15)
ケアレスウィスパーの16 写真   2016年2月21日生 牝・鹿毛

美浦・萩原 清厩舎所属

父 ルーラーシップ
母 ケアレスウィスパー
母の父 フジキセキ

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/09 <最新情報>
 9日(土)に函館競馬場(美浦・萩原清厩舎)へ入厩しています。

 2018/06/08 <最新情報>
 9日(土)に函館競馬場(美浦・萩原清厩舎)へ入厩する予定です。

 2018/06/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター1〜2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は週1回ハロン14秒での坂路調教を行っています。ハロン15秒のペースで進めていましたが、楽にこなすようになってきたのでペースを上げました。まだハロン14秒ですと反応は今ひとつですが、動き自体は力強くパワフルな走りを見せてくれていますよ。先月は背腰にやや疲れが見られましたが、リフレッシュ期間を設けたこと、そしてショックウェーブで療養したことで解消されてきました。今後も疲労を蓄積させることなく、馬の状態を確認しながら進めていきます」馬体重461s
(6/9 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 洗練されたシルエットで柔らかな筋肉を全身に纏い、心肺機能の高さを示す深い胸や滑らかな皮膚など、父母の長所が凝縮されたこうばたいです。その恵まれた体躯に宿る力を柔軟な繋・関節により増幅させることで、強烈な推進力を生みだしています。人の指示に対する理解力の高さ、堂々とした立ち居振る舞いも一流馬である事を裏付けています。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:スイートウィスパー 欧字表記:Sweet Whisper 意味由来:甘い囁き。母名より連想。誰からも愛される事を願って
 18.06.09日 函館競馬場の萩原清厩舎に入厩しました☆彡
《写真》 その1



トウメイ

◆ギャラクシーハニー◆
(16-19)
シルクユニバーサルの16 写真   2016年1月14日生 牝・栗毛

美浦・手塚貴久厩舎所属

父 スクリーンヒーロー
母 シルクユニバーサル
母の父 Brian's Time

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,500m
担当者「この中間も週3回の坂路調教を行い、ハロン16秒をベースで週2回は終いハロン15秒まで伸ばしています。先日ハロン14秒まで進めたところ、まだ緩い部分を残しているため、少し苦しくなるところがありましたので、今月はハロン15秒ペースに止めています。また皮膚病が出るなど、まだ体質的にも弱いところがありそうなので、成長に合わせて進めていきたいと思います。走り自体は徐々に安定してきており、体の使い方が上手になってきましたよ」馬体重496s

 2018/05/15 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター1〜2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「リフレッシュを終えてこの中間から乗り運動を再開しています。やはり、リフレッシュを挟むと元気になりますね。気性もピリッとしてきて大分自ら動けるようになってきたので、最後の1ハロン14秒台まで進めています。また、スピード調教だけではなく、周回コースでの乗り込み量も増やしているので、10kg近く体が絞れて引き締まってきました。ペースを上げても登坂する際の精神的な余裕もありますし、スピードを上げる時の反応も良く対応できていますよ。体全体を使って大きく走るタイプですから、ある程度の距離はあった方が良いかもしれません。今後も乗り込み量を徐々に増やしながらしっかり鍛え上げていきます」馬体重492kg

 2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルとウォーキングマシンで軽めの運動
担当者「ハロン15秒で乗り進めてきたことで、少しテンションが上がってきたので、この中間から軽めの運動にペースを落としてリフレッシュしています。欲を言えば、もう少し精神面に余裕が出てきて欲しいのですが、奥手な感じもあるので、この時期にここまで進めてきていれば十分だと思います。馬体はだいぶ引き締まりましたし、幼さも抜けてきました。ゆったりとしたストライドで背中の使い方も上手な走りをしているので、持っているものは間違いなく良いと思います。来週から坂路を再開する予定ですが、再開後も焦らずじっくりと進めていきます」馬体重501kg
(6/2 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 巨大で筋肉質なトモの存在感は圧倒的で、同時に厚い胸前や立派な肩が桁違いの迫力を誇り、パワフルで均整もとれています。馬格が雄大なうえ反射神経にも優れ、豪快さに鋭くキレのある走りに並外れた才能を感じます。悍性が強く内的エネルギーも甚大なだけに、心身がうまく噛みあうことで衝撃の走りを披露してくれるでしょう。
(シルクPOINT血統より)
 白老ファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:ギャラクシーハニー 欧字表記:Galaxy Honey 意味由来:銀河系の蜜蜂。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆マイヨブラン◆
(16-25)
ユキチャンの16 写真   2016年3月1日生 牡・白毛

美浦・加藤征弘厩舎所属

父 ヨハネスブルグ
母 ユキチャン
母の父 クロフネ

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、週3回角馬場で軽めの調整
担当者「この中間も一日置きに週3回の坂路調教を継続していますが、先月からペースを上げハロン16〜17秒で登坂しています。術後の経過は順調で体調面に問題はありません。さすがに体が緩んでしまいましたので、このまま乗り込みを続け馬体・動きの良化を図っていきたいと思います。元々息遣いが気になったわけではなく、鼻出血の経過観察のための定期検査で喉頭片麻痺の早期発見ができ、早めの処置が行えたことは運が良かったと言えるでしょう」馬体重554s

 2018/05/15 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、週3回角馬場で軽めの調整
担当者「この中間から坂路での乗り運動を再開しております。乗り出しは角馬場で様子をみてから行い、慎重に立ち上げてきました。再開前からトレッドミルで絞れるくらいのペースで運動していたので、坂路でハロン18秒のペースを行っても問題なく対応することができています。数日前に右前球節を外傷しましたが痛みはなさそうですし、歩様にも見せません。馬体重は休む前と比べて10kgほどしか増えていないので、脚元も浮腫んだりしていませんしトレッドミルの効果を感じますね。1ヶ月くらい運動すれば元の体つきに戻ってくれるのではないでしょうか。喉の術後そう時間は経っていないので、状態に引き続き注意しながら徐々にペースを上げていくつもりです」馬体重546kg

 2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:トレッドミルとウォーキングマシンで軽めの運動
担当者「手術後の喉の経過は良好で、獣医師の許可により4月17日よりトレッドミルにてキャンターを開始しております。マシンからトレッドミルへと負荷を高めていますが、引き続き体調面に問題はなく、飼い葉をしっかり食べてくれています。運動時間が長くなってきたことで、馬体も10kgほど絞れて徐々に引き締まってきています。今後はトレッドミルでの運動を数週間行った後に獣医師が改めて喉の状態を確認して、ゴーサインが出てから乗り運動を再開していく予定です」馬体重548kg
(6/2 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 当クラブで毎年人気を集める母の仔が今年もラインナップに加わりました。既に豊富な骨量・筋肉量を備えながらも、可動域の広い滑らかな関節の動きが、一切重苦しさを感じさせない軽快な歩様を生み出しています。普段は温厚な一方、放牧地で僚馬に対して見せる負けん気の強さは、実戦での競り合いで大きな強みになるはずです。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 17.12.01日 一昨日の調教後に鼻出血を発症してしまいました、デヴュー前なのに・・・
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:マイヨブラン 欧字表記:Maillot Blanc 意味由来:ツール・ド・フランスで与えられる白色のジャージ
 18.03.21日 「肺からの鼻出血でしたので経過を確認するために定期的に検査を行ってきましたが、今日の検査で喉頭片麻痺が見つかりました。20日(火)に1回目の喉の手術を行い無事終了しており、来週2回目の手術を行う予定です。」と、いろいろ出てきますね(>_<)
 18.03.29日 2回目の喉の手術を行い無事終了しています。
《写真》 その1



トウメイ

◆ユナカイト◆
(16-26)
フサイチパンドラの16 写真   2016年3月13日生 牝・栗毛

美浦・木村哲也厩舎所属

父 ヨハネスブルグ
母 フサイチパンドラ
母の父 Sunday Silence

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/08 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで15‐14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
天栄担当者「入場後は特に疲れも見られませんでしたので、すぐに乗り運動を開始し、今週から坂路コースにも入れています。坂路調教ではハロン15秒から終い2ハロン14秒まで伸ばしていますが、このペースでしたら楽に動けていますよ。普段は大人しいのですが、調教中に急にテンションが上がり、カッとなる面がありますので、その辺りに気を付けて調教を続けていきます」馬体重468s
(6/8 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 筋肉量と骨量が豊富でぎっしり身の詰まった馬体は体幹がしっかりしており、力強く安定した走りを実現させています。重苦しさの全くない、柔軟性に富んだ軽快な走りを披露しており、父と母の優秀な遺伝子が享受されたことを確認できます。名血らしい品のある顔立ちとその立ち居振る舞いからも、大きな舞台での活躍が期待できます。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:ユナカイト 欧字表記:Unakite 意味由来:やさしく心を癒してくれるという天然石の一つ
 18.05.16日 この世代一番乗りで入厩しました☆彡
 18.05.25日       〃    ゲート試験に合格しました!!
《写真》 その1



トウメイ

◆エレンボーゲン◆
(16-30)
ショアーの16 写真   2016年2月19日生 牝・鹿毛

美浦・鹿戸雄一厩舎所属

父 ブラックタイド
母 ショアー
母の父 Acatenango

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/07 <所有馬情報>
在厩場所:7日に美浦・鹿戸雄一厩舎へ入厩
調教内容:
鹿戸雄一調教師「7日の検疫でこちらへ入厩させていただきました。北海道からの輸送になりますので、まずはしっかりと馬体をチェックさせていただきたいと思います。こちらの環境に慣れさせつつ、まずはゲート試験合格を目標に調教をスタートしていきたいと思います」
(6/7 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 長くしなやかな首差しから連なる流れるようなトップラインは、活躍中の父産駒に共通の特徴です。スラリと伸びた四肢を活かした走りは飛びが大きく、激しい運動後の息の戻りの早さはスタミナ勝負での優位性を示します。経験を糧に成長するタイプで実践を重ねるごとにセンスが磨かれ、第一線で主役を張れる優駿へと変貌を遂げるでしょう。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:エレンボーゲン 欧字表記:Ellenbogen 意味由来:ドイツ最北端の海辺の地名。父名、母名より連想
 18.06.07日 入厩しました☆彡
《写真》 その1



トウメイ

◆サラミス◆
(16-34)
サロミナの16 写真   2016年1月24日生 牡・鹿毛

栗東・池添 学厩舎所属

父 ディープインパクト
母 サロミナ
母の父 Lomitas

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/07 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場でハッキング
次走予定:未定
池添学調教師「この中間も右前球節部の状態を見ながら、馬房で安静にしていましたが、腫れと熱感は治まり、血液の数値も正常に戻ってきたことから5日から曳き運動を開始しました。6日の運動後に獣医師にもう一度状態をチェックしてもらいましたが、今の状態ならこのまま進めていっても問題ないとのことでしたので、7日から調教を開始しました。当初は体調が安定するまで放牧に出して脚元のケアをしてもらうつもりでしたが、獣医師から許可もいただいたことですし、このままゲート試験に向けて進めていく方が良いと判断いたしました。今週いっぱいは無理しない程度に抑えて、状態が変わりなければ徐々に乗り込みを強化していきたいと思います」
(6/7 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 雄大な馬格に首から背腰にかけて美しいラインを描き、心肺機能の高さを表す深い胸は、近年活躍する父産駒の傾向に合致します。恵まれた身体を使った動きは、ダイナミックさと優れた俊敏性を見事に両立しています。馬体、動きのみならず普段の泰然自若とした立ち振る舞いは、この時期にして既に王者の風格を漂わせます。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:サラミス 欧字表記:Salamis 意味由来:ギリシャの島の名前。母名より連想
 18.05.31日 我が厩舎の3/10番目で入厩しました☆彡
《写真》 その1



トウメイ

◆ルデュック◆
(16-38)
ヒッピーの16 写真   2016年2月22日生 牡・鹿毛

栗東・池江泰寿厩舎所属

父 ハーツクライ
母 ヒッピー
母の父 Muhtathir

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も引き続き坂路を中心に乗り込みを行っています。すこぶる順調にきています。ハロン15秒のペースでも余裕が出てきましたよ。登坂中の手応えは抜群で、最後までしっかりと走り切っています。馬体も肩や腰回りの筋肉の凹凸がはっきりして、競走馬らしい体つきになりました。脚元にも現時点では問題はありません。これまでは、強い調教を行うと飼い葉を残すこともありましたが、最近は全部食べていますから、体力もついてきたようです。このまま順調に進めていければ、9月頃の移動ができるのではないでしょうか。今後はリフレッシュを取り入れながら、鍛える時はしっかりと鍛え上げて行きます」馬体重486kg

 2018/05/15 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「坂路コースで週に2回登坂していたところを、この中間から3回にして乗り込みを強化しています。登坂回数を重ねていくにつれてしっかりとバランスを取って走ってくれるようになり、それに伴って動きも素軽くなってきました。依然口向きには気を付けながら乗り込んでいますが、少しずつ改善してきているので、引き続き周回コースで整えていきたいと思います。調教メニューを強めても飼い葉をしっかり食べていますし、馬房内ではとても穏やかに過ごしていますよ。トモに筋肉がついて、見映えのする馬体になってきているので、この調子で乗り込みながら鍛えていきたいと思います」馬体重484kg

 2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「引き続き周回コースと坂路コースで順調に調教を行っていますが、動きに物足りなさは残るものの、徐々に素軽さが出てきました。ただ、進めていくにつれて口向きが突っ張り気味になって走ってしまうので、周回コースで出来るだけ整えていきたいと思います。ここまで進めている限り、気持ちが悪い方に向くこともなく、馬房などではとてもリラックスしてくれています。飼い葉もしっかり食べてくれていますし、馬体も実になって逞しくなってきているので、この調子で良化を図りながら進めていきたいと思います」馬体重481kg
(6/2 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 筋肉量、骨量に恵まれた上にバランスにも優れたシルエットを見れば、父母から長所を見事に受け継いでいることがわかります。関節の可動域が広く、その全身を目一杯に使ったダイナミックな動きが爆発力を生み出します。馬体と動きを総合的に判断すれば、母の故郷であるフランスでの活躍すら期待してしまうほどです。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:ルデュック 欧字表記:Le Duc 意味由来:公爵(仏)。本馬の高貴な顔立ちから連想
《写真》 その1



トウメイ

◆バラーディスト◆
(16-39)
バラダセールの16 写真   2016年3月13日生 牝・鹿毛

栗東・石坂 正厩舎所属

父 ハーツクライ
母 バラダセール
母の父 Not For Sale

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は回周回コースで軽めのキャンター2,400m
担当者「ハロン16秒ペースの乗り込みを始めてからも特に問題は見られなかったので、この中間から登坂回数を週3日に増やして調教強度を上げています。ペースアップ後もしっかりと乗り込めており、周回コースでの運動回数を増やしていることもあって少しずつ体力が付いてきて成長してきているように思います。飼い葉もしっかり食べていますし、毛艶も良好ですよ。ここまで少しずつペースを上げて乗り込んでいますが、以前痛めた左トモも気にしていませんので、この調子で進めていけそうです」馬体重510kg

 2018/05/15 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、週に2回周回コースで軽めのキャンター2,400m、週に3回トレッドミルで軽めのキャンター1,800m
担当者「坂路コースで乗り出した後も順調に進めることが出来ていたことから、この中間はハロンペースを16秒まで上げています。暫くの間は登坂回数を1回にして、それ以外はトレッドミルと周回コースで時間を掛けて運動を行っています。前回より馬体重は増えてしまいましたが、休まず乗り込んでのものですし、これから暖かくなるにつれて代謝が良くなって絞れてくるでしょう。動きも解れて良くなってきていますし、トモの状態も安定していることから、引き続き登坂回数を重ねていきながら良化を図っていきたいと思います」馬体重510kg

 2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週に3回周回コースで軽めのキャンター2,400m、週に1回周回コースで軽めのキャンター1,800m
担当者「乗り出しを開始してから順調に進められていたことから、この中間から坂路コースにも入れています。馬体にまだ余裕があるものの、徐々に動きが解れて良くなってきています。現在は坂路コースでハロン17秒まで脚を伸ばしていますが、運動後もトモの状態は変わりありませんし、これから登坂回数を重ねていくにつれて筋肉が付いて、引き締まった体付きになってくるでしょう。引き続き脚元の状態には気を付けながら進めていき、動きを良くしていきたいと思います」馬体重498kg
(6/2 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 骨量が豊富で馬格にも恵まれ、父の産駒らしくうったりと伸びがあり、重厚感のある筋肉の逞しさは南米牝系ならではです。格関節の可動域が広く、柔軟性に富んだ背中の伸縮と調和することで、滑らかな脚捌きをもたらします。放牧地での全身をしっかりと使った躍動感あふれる走りが、本馬のスケールの大きさを物語っています。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.04日 この中間に馬房から出す時に左後脚にハ行が見られたことから乗り運動を中止し、検査を行いましたが骨折などの症状は見られませんでした。デヴュー前、大事にならず良かったね。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:バラーディスト 欧字表記:Balladist 意味由来:バラード歌手。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆ボンディマンシュ◆
(16-47)
ビアンカシェボンの16 写真   2016年3月23日生 牡・鹿毛

栗東・中内田充正厩舎所属

父 ロードカナロア
母 ビアンカシェボン
母の父 フジキセキ

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「一時は坂路のペースをハロン17秒まで落としていましたが、この中間からハロン16秒までペースを上げて乗り込んでいます。特に左トモに疲れがあったために走りのバランスが崩れていたのですが、ショックウェーブ治療を行う等ケアした結果、現在はバランスも真っ直ぐになりましたし、歩様も特に気になりません。もともと右トモが上手く使えなかったのですが、それが原因で左トモに負担が掛かってしまったのでしょう。今後もしっかりとケアしつつ進めていきたいと思います」馬体重519kg

 2018/05/15 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター1,600m、残りの日は軽めの調整
担当者「坂路コースでハロン15秒まで脚を伸ばしていましたが、トモに少し疲れが見られたことから、ペースをやや落とし、現在はハロン17秒のキャンターで調整しています。定期的にケアしてあげれば、疲れも取れてくると思いますので、ショックウェーブ治療など行いながら馬体を良くしていきたいと思います。ペースを落とす前はだいぶ人の指示を待てるようになり、調教がし易くなっていました。ペースが上がってもいい意味でゆったり走ってくれますし、軽い走りでスピードが出るので、素質を感じさせられます。課題を上げると他の馬と一緒に調教すると集中できず力んでしまうので、その点を改善できるように調整していきたいと思います」馬体重515kg

 2018/05/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間にリフレッシュ期間を設けましたが、現在は調教を再開し、坂路コースではハロン15秒まで脚を伸ばしています。登坂回数を重ねてもテンションが上がることもなく、いい意味でゆったり走っています。ただ、他の馬がいると不安定になるなど、精神的な弱さが窺えるので、そのあたりには気を付けながらリラックスさせるように心掛けています。調教の動きに関しては、軽快な走りでスピード感抜群なので、今後も気持ちと走りが上手く噛み合うように乗り込みを継続していきたいと考えています」馬体重510kg
(6/2 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 圧倒的なトモのボリュームに負けることのない骨量を有した迫力ある馬体は、現2歳世代が好発進を見せている父産駒の特徴です。テンポ良くキビキビと歩く姿からは旺盛な前進気勢が見て取れ、放牧地での回転の速いキャンターはたくえつしたスピードを示しています。父から受け継いだ快速遺伝子が競馬場で花開くのが楽しみでなりません。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:ボンディマンシュ 欧字表記:Bon Dimanche 意味由来:素敵な日曜日を(仏)。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆トスアップ◆
(16-57)
トップライナーUの16 写真   2016年3月30日生 牝・栗毛

栗東・池江泰寿厩舎所属

父 ジャスタウェイ
母 トップライナーU
母の父 Thuder Gulch

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2018/06/11 <調教タイム>
 助 手 6.10栗坂良 61.0- 43.7- 28.5- 14.2 馬なり余力

 2018/06/06 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場でハッキング、坂路コースでキャンター、ゲート練習
次走予定:未定
池江泰寿調教師「この中間もこの馬なりに飼い葉を食べてくれていますし、調教を進めても馬体は維持しています。午後になるとやや体温が上がる時があるので、体調には気を配りながら調整しています。ゲート練習では消音で出すところまで行っているので、今の状態を維持しながらゲート試験まで何事もなく進めていきたいですね」
(6/11 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 ゆったりとした胴を中心に、肩やトモに豊富な筋肉がつき、バランス良くまとまった馬体に目を奪われます。普段は大人しい性格をしていますが、放牧地では活発に動きまわり、他の馬に対して気の強い面を覗かせることも度々あります。しっかりと体を使った走りが一気の加速を生み、父が輝いた東京そしてドバイでの走りの再現を目指します。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.01.19日 馬名決定 競走馬名:トスアップ 欧字表記:Toss Up 意味由来:コイン投げ
 18.04.27日 ノーザンファームしがらきへ入場  16年産で一番目の移動です!!
 18.05.23日 ユナカイトに続いて2番目で入厩しました☆彡
《写真》 その1



トウメイ

2015年度産駒へ ←← ↑うまなりメイト 入口へ↑ →→2017年度産駒へ
  サイトマップへ