2017年度産 愛馬たち
2016年度産駒へ ←← ↑うまなりメイト 入口へ↑ →→2018年度産駒へ
  サイトマップへ  

◆ルナシオン◆
(17-03)
ピラミマの17 写真   2017年5月1日生 牝・鹿毛

美浦・藤沢和雄厩舎所属

父 ディープインパクト
母 ピラミマ
母の父 Unbridled's Song

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間から坂路コースのペースを上げてハロン14秒まで脚を伸ばしています。元々スピードのある走りを見せてくれていましたし、ペースアップ後も問題なく対応してくれています。坂路だけでなく周回コースでも手応え良く動けていますが、それでいて我慢も利いて気持ちのコントロールがしっかり出来ているのも良い点ですね。馬体はまだまだ成長途上で幼さがありますが、段々と冬毛も抜けてきていて、馬体の張り・艶も良化してきています。背中を柔軟に使った走りが出来る馬なので、その良さを活かしていけるよう調教を続けていきたいと思います」馬体重459s

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間はトレッドミルやウォーキングマシンのみでの運動に止める週を設け、リフレッシュを図りつつ進めています。現在は坂路コースではハロン15秒ペースでの乗り込みを中心に進めており、動きは良好でこの先のハロン14秒のスピードにも対応出来そうです。ただ、現状は馬体の幼さや生まれが遅いこともあって、まだハロン15秒までに抑えています。もう少し気候が安定して暖かくなってくれば、馬体ももっと良化してくるでしょうから、そのタイミングでもう一歩踏み込んだトレーニングを開始していければと考えています」馬体重459s

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「馬体の張り・毛艶はひと息も、飼い食いは良好で、馬体重を維持できています。この中間も引き続き週3回の坂路調教を継続しています。ペースアップをしてからも疲れを見せず、楽な手応えで登坂してきます。相変わらず乗り味が良く、バネが利いた走りは、大物感がありますね。遅生まれということもあり、馬体・気性ともにまだ子供な部分があるので、成長を促しながら進めていこうと思います。能力だけで調教をこなしている部分があるので、心身が能力に追いついてくるであろう、春先の本馬の走りに期待しています」馬体重458s

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も週3回の坂路調教を継続し、日によっては終いハロン15秒までペースを上げています。相変わらず調教の動きは素晴らしく、ペースが上がってもバネの利いた走りで楽々と坂路コースを駆け上がっています。能力が相当高いのでしょう、今の調教メニューでは本馬には物足りないというぐらいの手応えを見せています。まだ馬体の張り・艶はひと息も、飼い食いは良好で、少しずつではありますが馬体が増えてきていて成長を感じますよ。ややテンションが高く、繊細な面を覗かせているので、その点はこれからの成長待ちですね。体調・脚元に不安はないので、今後も順調にペースアップしていけるでしょう」馬体重458s

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:ルナシオン
欧字表記:Lunacion
意味由来:月の満ち欠け(西)
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 均整の取れたシルエットに、薄くしっとりとした皮膚が本馬の品格を表しています。可動域の広い関節と柔軟性に優れた筋肉が軽快な歩様を生み出し、そのスナップを利かせた走りはスピード感抜群です。大舞台で本領を発揮するには必要不可欠な何事にも動じない芯の強さも持ち合わ せており、馬体・動き・気性、全てにおいて非の打ち所はありません。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 18.11.01日 ノーザンファーム空港担当者所属馬情報のコメントがうけるので載せます。
「フラットワークを行っていますが、よく伸縮するバネに大きなストライドですさまじい動きをしており、ディープインパクト産駒の牝馬らしい姿はさすがだなと驚くばかりです。ここから色々な壁が待ち構えていますが、レースを迎える頃には明るい未来が待っていると思うので、これからの成長がとても楽しみです」
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:ルナシオン 欧字表記:Lunacion 意味由来:月の満ち欠け(西)
《写真》 その1



トウメイ

◆クロワルース◆
(17-04)
ルシルクの17 写真   2017年5月19日生 牝・青鹿毛

美浦・古賀慎明厩舎所属

父 ディープインパクト
母 ルシルク
母の父 Dynaformer

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は坂路コースに加え、周回コースでの長めの乗り運動を取り入れて精力的にトレーニングを行っています。これまでポンポンとペースを上げても大きな疲れを見せることはありませんでしたが、さらに上のレベルの調教にも耐えられるように、周回コースでじっくり乗り込むことで体力強化を図っています。馬体や脚元には問題なく、疲れが溜まってくると飼い葉食いが落ちることもありますが、体力の回復が早くすぐに食べられるようになって頼もしいですね。引き続き5月中の移動を目標に調整していきたいと思います」馬体重489s

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回トレッドミルで軽めのキャンター、残りの日はウォーキングマシン
担当者「3月下旬よりリフレッシュのため騎乗運動は行っていませんが、それまでは屋内坂路コースでハロン14秒まで脚を伸ばし、また周回コースでの2,500mのキャンター調整も取り入れていました。この中間から坂路で14-14ペースの調教を始めましたが、ハロン14秒を切るペースでもまだ手応えに余裕がありますし、ゴーサインにも鋭く反応していますね。馬体重は先月と大きく変わりありませんが、より馬体に幅が出てきて良い方に変わってきている印象です。早ければ5月中の移動も視野に進めていけそうですから、このまま14秒ペースの乗り込みを継続していきながら、基礎強化に励んでいきたいと思います」馬体重488s

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒〜17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整
担当者「引き続き坂路調教とこの中間から、周回コースでの調教を取り入れています。ハロン15秒ペースまで脚を伸ばしていますが、促すとスッと反応できますし、息遣いから余裕が感じられます。体力がかなり付いてきて元気いっぱいですよ。同時期に移動してきた馬より調教が進んでおり、順調にここまで調整できています。馬体に関しては、体高が伸びてきて、大人びた印象を受けます。ただ、ここにきて急激に体型が変わってきており、走りのバランスが変化することで脚元等に負担が掛かる事もあるので慎重に進めていこうと思います。健康状態は引き続き良好ですし、飼い葉食い・毛艶も良好です。現在馬体重は490kg近くですが、太目感というよりは、雄大な迫力のある馬体ですし、調教を重ねるごとに腹回りがスッキリしてきています。相変わらず調教中は素直で集中して走ってくれるのですが、それ以外の時にテンションが高くなる場面があるので、今後もその辺りには十分に気を付けて怪我等しないように努めていきたいと思います」馬体重487s

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も週3回の坂路調教を継続し、前回からペースをハロン16〜17秒まで上げています。調教の負荷を上げても、走りにはまだ余裕がありますし、ここに来て精神的にも落ち着きが出てきました。馬体に関しても全体的にバランスよく成長してきており、幅も出てきましたね。飼い葉食いが良く、体力もあって回復が早いので、ディープインパクト産駒の牝馬にしては珍しく、体の増え過ぎに注意しないといけない程です。調教中はとても優等生なのですが、それ以外の時にテンションが高くなる場面があるので、今後もその辺りには十分に気を付けて怪我等しないように努めていきたいと思います」馬体重482s

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:クロワルース
欧字表記:Croix Rousse
意味由来:リヨンの絹織物地区。母名より連想
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 筋質はしなやかで強く、筋量も豊富で5月生まれを感じさせない出来映えです。四肢が長く各関節も理想的な造りで、軽やかなステップから全身を使って瞬く間に最高速へと加速する走りに力強さと機動力が見てとれます。冷静な立ち居振る舞いや高い集中力に父の牝駒らしい風格が漂い、華やかな舞台でその才能が開花して、大きな輝きを放つでしょう。
(シルクPOINT血統より)
 白老ファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:クロワルース 欧字表記:Croix Rousse 意味由来:リヨンの絹織物地区。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆コバルトウィング◆
(17-27)
レースウィングの17 写真   2017年4月4日生 牡・芦毛

美浦・萩原 清厩舎所属

父 クロフネ
母 レースウィング
母の父 バブルガムフェロー

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13〜16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も週3回の坂路調教でしっかり負荷をかけています。その内週1回はハロン14秒で入り、終いは13秒まで脚を伸ばして、より実戦に近い調教を課しています。徐々にストライドが広がってきて、一段とダイナミックな動きをするようになってきました。全体的にとても順調に成長してきていますが、もう少しトモを使えるようになってバランスが良くなれば、そのパワフルな走りを更に活かせるようになると思います。今後はそこを特に意識して調教を続け、5月か6月頃の移動を目標にしたいと考えています」馬体重520s

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「3月中もリフレッシュを挟みながら順調に調整され、坂路調教のペースを日によって終いハロン14秒まで上げることが出来ました。元々パワフルな走りを見せていましたが、それに更に磨きがかかってきた印象を受けます。馬体に関しても数字に表れている通り、だいぶ絞まってきてメリハリが付いてきましたよ。その他、脚元・体調面など特に問題なく至って順調に進められているので、早めの移動を目標に今後もしっかり鍛えていきたいと思います」馬体重527s

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「骨瘤の状態には気を配りながら坂路で乗り込みを継続してきましたが、その後も順調に進められていたことから、坂路でハロン15秒までペースを上げています。ペースアップ後も最後まで余裕を持って登坂しており、バテることもなく余裕すら感じさせられます。ペースを上げた後も骨瘤の状態は落ち着いていますし、このまま順調に乗り込んで成長を促して行くことが出来れば、更に良い馬体になってくれるでしょう。動きとしてはまだ少しトモが入ってこない感じではありますが、その中でも力強さは感じるだけに、今後も大事に育てていけばもっと良いパフォーマンスを見せてくれると思います。疲れが溜まらないように適度にリフレッシュを挟んでいることもあって、先月より10kgほど馬体重が増えていますが、太目感は感じられませんし、馬体に実がなって筋肉が付いてきた証拠だと思います。今後もダイナミックな走りを邪魔しないように、トモの甘さを改善させながら、よりバランスのいい走りが出来るように意識しながら鍛えていきたいと思います」馬体重535kg

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は週3日の坂路入りの内の2日は、2本坂路を登るようにしています。少し負荷を強めてからも骨瘤の状態は落ち着いていて、コンスタントに乗れているので、このまま進めていきたいところです。馬体重は前回よりも10s以上増えていますが、日々の運動の成果で必要な筋肉が徐々に付いてきた証拠だと考えています。以前に比べると乗っていても人の指示に対して素直になったように思いますし、そのおかげでしっかりとハミを取らせて調教できるようになってきましたよ。力強く大きな走りをするこの馬の長所を損なわないよう、しっかりと溜めの利く動きが出来るように調教していきたいですね」馬体重522s

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:コバルトウィング
欧字表記:Cobalt Wing
意味由来:銀白色の羽。本馬の毛色と母名より連想
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 馬格に恵まれる母産駒らしく迫力満点で重厚感のある馬体の持ち主ですが、手先が軽く繰り出されるキャンターは極めて軽快です。加えて全身を大きく進展させるダイナミックなフォームからも競走馬としての資質の高さは隠しようがありません。頑健な馬体で息の長い競走生活を送れそうな点も強調材料であり、コストパフォーマンスの高い一頭です。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:コバルトウィング 欧字表記:Cobalt Wing 意味由来:銀白色の羽。本馬の毛色と母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆トライフォーリアル◆
(17-29)
エンプレスティアラの17 写真   2016年2月23日生 牡・栗毛

美浦・萩原 清厩舎所属

父 リアルインパクト
母 エンプレスティアラ
母の父 クロフネ

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.17 所有馬情報
在厩場所:美浦トレセン/19日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧予定
調教内容:17日にゲート試験合格/ダートコースで軽めのキャンター
次走予定:未定
萩原清調教師「この中間もゲート練習を中心に順調に進めることが出来たことから、17日にゲート試験を受けてみたところ、無事合格することが出来ました。特に煩い部分も無く、中でも落ち着きは保てていますね。ただ、二の脚が少し遅いので、そこは実戦までに何度か練習していこうと思います。デビュー戦まで時間はありますし、精神的に疲れが溜まっても良くないので、いったん牧場にお戻しさせていただく予定です」
(4/17 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 筋肉量に恵まれながらも窮屈さのないフレームで構築された馬体は、本世代が初年度産駒に当たる父の産駒傾向と見事に合致しています。馬格を生かしたダイナミックなキャンターは力強く、起伏の激しい放牧地を悠々と駆け上がり、他馬との接触に怯むこともありません。また頑健な肉体の持ち主であり厳しいトレーニングも難なくこなすでしょう。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:トライフォーリアル 欧字表記:Try for Real 意味由来:本気で挑む。父名より連想
 19.04.04日 一番乗りで入厩しました☆彡
 19.04.17日 ミーアシャムに続いて二番乗りでゲート試験に合格しました☆彡  「二の脚が少し遅いので、そこは実戦までに何度か練習していこうと思います。」との事。
《写真》 その1



トウメイ

◆ミスビアンカ◆
(17-44)
シャトーブランシュの17 写真   2017年2月15日生 牝・鹿毛

栗東・高橋義忠厩舎所属

父 ロードカナロア
母 シャトーブランシュ
母の父 キングヘイロー

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間から乗り運動を再開しています。体が大きく変わった印象はありませんが、早い時計を出した日でも飼い食いはとても良く、体力がついてきているのを感じますね。そこまで負荷をかけていないので、毛ヅヤや馬体の張り・質感は現状維持といった様子ですが、今後のペースアップと気温の変化で理想的な状態に変わってくるものと思います。馬房では落ち着いていて、脚元に現時点で不安はなく体調面も良好です。登坂時にリラックスして走れるようになってきましたし、体力がついてきて残さず飼い葉も食べているように少しずつですが本馬なりに成長していますので、今後も良い所を伸ばしつつ体力面・体質面が追いついてきてくれるのを待ちたいと思います」馬体重460kg

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
担当者「3月下旬よりリフレッシュ目的で乗り運動を中止しています。リフレッシュ前は坂路でのペースをハロン15秒まで伸ばして、先月よりやや負荷を高めたメニューで乗り込んでいました。先月行っていたハロン16秒での動きに以前の非力な感じがなくなり、しっかりとした脚取りで登坂できてきたのでペースを上げることができました。ペースを上げてすぐは、気持ちと体のバランスがマッチしていなくて、まだ気持ち先行で走っている面がありましたが、少しずつですが、リラックスして走ることが出来ている時間が増えてきていましたから、焦らずこの調子で運動していけば背腰に力もついて理想的な馬体に成長してくれることでしょう」馬体重460kg

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「引き続き坂路コースでの乗り込みを継続しつつ、この中間から周回コースでの運動を始めています。体の使い方の良化を図ることと、まだ背腰に弱さがあり、現状の坂路での動き・手応えに物足りなさが残るので、周回コースでの運動を取り入れましたが、しばらくはこのメニューを継続していく予定です。乗り味は良いのですが、まだ非力なので今後もしっかりと鍛えていきたいと思います。体付きにはボリュームが出てきて逞しくなってきており、あとは課題の背腰に力が付いてくればもっと良くなってくるでしょう。今後は馬の成長に合わせて進めていき、状態に変化が見られれば、さらにペースを上げていきたいと思います」馬体重466kg

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間も坂路でハロン16〜17秒の乗り込みを継続しています。引き続き馬の状態に合わせながらじっくり進めている段階ですが、依然トモが緩く、背腰がまだしっかりしていないところがあるので、もう暫くは現状の調教メニューで進めていく方が良いかもしれません。ただ、相変わらず動きに関しては素軽く、バランスの取れた走りを見せてくれているだけに、今は焦らず、じっくり育てて行く方が良いでしょう。飼い葉食いは先月と変わらずよく食べてくれていますが、厳寒期とはいえ、馬体の張り・艶はやや物足りなさを感じので、まだ内面もしっかりしていないということなのでしょう。心身ともにしっかりするまでは、なるべく疲れを溜め込まないように適度にリフレッシュを挟みながら、乗り込んでいきたいと思います」馬体重461kg

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:ミスビアンカ
欧字表記:Miss Bianca
意味由来:物語の登場人物名より。母名より連想
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 心肺機能の高さを示す発達した胸前に推進力の源となる量感溢れるトモを父から、そしてそれらを繋ぐ流れるような美しいトップラインを母から受け継いだ好馬体の持ち主です。普段は人に対して従順ながら、いざという時には僚馬を威嚇する気の強さも兼ね備えています。心身ともに高レベルの本馬が見据えるのは、母子二代での重賞タイトル獲得です。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:ミスビアンカ 欧字表記:Miss Bianca意味由来:物語の登場人物名より。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆ビオグラフィー◆
(17-45)
チアズメッセージの17 写真   2017年4月9日生 牝・鹿毛

栗東・藤岡健一 厩舎所属

父 ロードカナロア
母 チアズメッセージ
母の父 Sunday Silence

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間から乗り運動を再開しています。すでに坂路でのペースをハロン14秒台まで戻して乗り込んでいます。運動の中で前進気勢が徐々に強くなってきてはいますが、折り合いがつきやすい馬なので、前向きな気持ちをなくさないように注意して騎乗しています。先月よりもトモに力強さが増してきていますね。ペースの速い日の併せ馬でも気持ちと体のバランスが程良くとれた走りで登坂することができています。反応が速く瞬発力のある脚を使えるので、これを武器にできるように意識して運動していきたいと思います。リフレッシュして体も増えていますし、脚元・体調面に気になるところはありません」馬体重477kg

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回トレッドミル、残りの日は軽めの調整
担当者「3月下旬よりリフレッシュ目的で乗り運動を中止しています。リフレッシュ前は、すこぶる順調に乗り込むことができており、坂路でのペースをハロン14秒まで上げて乗り込んでいました。以前から課題として取り組んでいるトモの緩さについては、もう少し臀部の周りに筋肉がついてくれば、競走馬らしい体つきになり改善することでしょう。そうはいっても骨格に見合う馬体の成長はしてきていますし、全体的に筋肉がふっくらとついてきていますよ。リフレッシュ明けからは、しっかりと乗り込んで行けそうですので、今後もしっかりと負荷を掛けてトモを鍛えていきます」馬体重468kg

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間はリフレッシュを取り入れつつ、屋内坂路コースでハロン15秒ペースの乗り込みを継続しています。まだ坂路では手応え十分という感じではありませんが、若干トモの緩さが影響している部分があるかもしれませんし、続けていけばスピードにも慣れて動けるようになってくるでしょう。馬自身は疲れを見せず元気いっぱいの様子で、飼い葉食いも良好です。スッキリとした体型ではありますが、体に伸びが出てきて、それに伴って馬体重も増えてきていますし、トモの筋肉にも張りが出てボリュームが増してきたように思いますね。現時点ではトモの緩さ以外に気になる部分はありませんし、しばらくはしっかりと15-15ペースの乗り込みを継続し、さらなる体力強化を図っていきたいと思います」馬体重468kg

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「坂路での乗り込みを順調に行えていたことから、この中間はハロン15秒までペースを上げています。トモの緩さと非力感はあるものの、最後まで疲れを見せることなくしっかり登坂してくれていますし、この時期の2歳馬の中では良い部類だと思います。ペースを上げても気負うところもなく、道中はリラックスしながらゆったり走っていますし、また操縦性も高いことを考えると、距離の融通性が利くかもしれませんね。ペースを上げた後も飼い葉食いが悪くなったりすることはなく、馬体重は先月とほぼ変わりないですし、その点に関してはこの馬なりに飼い葉食いが実になってきているということなのでしょう。気持ちの面でもややピリピリしたところを見せますが、いざ走らせばしっかり折り合ってくれるので、オンオフの切り替えは問題ないと思います」馬体重455kg

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:ビオグラフィー
欧字表記:Biografie
意味由来:伝記(独)
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 年間を通して輝きを失わない毛艶の良さが内臓面のタフさを示しており、バランスの取れた全体像と相まって安心感を与えてくれます。四肢を豪快に回転させる加速力抜群の走りには躍動感が満ち溢れており、非凡な身体能力の持ち主であることは間違いありません。また聡明な気性も合わせて考慮に入れれば大舞台での活躍を見据えられる一頭です。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:ビオグラフィー 欧字表記:Biografie 意味由来:伝記(独)
《写真》 その1



トウメイ

◆ギルデッドミラー◆
(17-46)
タイタンクイーンの17 写真   2017年2月19日生 牝・鹿毛

栗東・松永幹夫厩舎所属

父 オルフェーヴル
母 タイタンクイーン
母の父 Tiznow

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.12 所有馬情報
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定
厩舎長「こちらに移動後は輸送で熱が出ることもなく、体調は安定しています。今週から環境に慣れさせる為に色々コースを見せていますが、先頭に立ってみたり、後ろに付けたりしても、動じることなく対応してくれています。松永調教師からそう遠くないあたりで入厩させたいと連絡をいただいているので、態勢を整えていきたいと思います。馬体重は479kgです」
(4/12 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 キリリとした気高さが宿るノーブルな佇まいで見る者を魅了する本馬。まるで一塊の大理石から削り出された彫刻のような、力強さと滑らかさ が共存したトップラインは惚れ惚れするほどの美しさです。周りに影響されない集中力と我慢強い気性は競走馬の資質として大きな強みです。 本馬を見れば、姉全員がアメリカ重賞ウィナーであることも頷けます。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:ギルデッドミラー 欧字表記:Gilded Mirror 意味由来:金色の鏡。本馬の血統より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆ソニックベガ◆
(17-51)
ヒッピーの16 写真   2017年4月20日生 牝・黒鹿毛

栗東・斉藤崇史厩舎所属

父 ルーラーシップ
母 モンローブロンド
母の父 アドマイヤベガ

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14〜17秒のキャンター2本、週1回屋内周回コースで2,500mのキャンター、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は徐々にペースを上げ、現在はハロン14秒台まで伸ばして運動しています。ペースが速くなっても手応えはしっかりしていますよ。少しずつですが、背中やトモを上手く使えるようになってきましたので、走りに力強さが出てきています。普段の仕草を見ても疲れている様子はありませんし、登坂時はすぐにスイッチが入って前向きに駆け上がってくれています。コースでしっかり力を出しきって走るので、馬房では落ち着いていて飼葉食いも良く優等生そのものですね。今後も油断せずに馬の状態をしっかりと観察し、継続して負荷をかけていきます。順調に行けば6月前後の移動を視野に入れられる程、順調にきています」馬体重455kg

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、週1回屋内周回コースで2,500mのキャンター、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間、左前肢を軽く捻ったので1週間程度マシンにて乗り運動を中止しておりました。馬体は多少緩んだように感じますが、左前肢の状態はすぐに良くなり乗り出せる状態に戻りました。現在は、すでに騎乗運動を再開しており、坂路ではハロン15秒のペースで元気よく登坂することができています。乗り出した後も脚元の状態は良好ですが、少し運動を休みましたし、今後も馬の状態をしっかりと見極めながら、慎重に立ち上げていくつもりです」馬体重457kg

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「これまで蓄積した疲労を取るため、2月上旬にリフレッシュを挟みましたが、その後立ち上げていき、現在は休養前と同じく週3回の坂路調教を行っています。また、週2回は2本目に15-15の調教を行っていますが、ペースが上がってもすぐに適応してくれて、難なく登坂できています。しかも調教中も力むようなことはなく、落ち着きを保っています。元々テンションが高めの気性ですが、走りに力みがないのは良い傾向ですね。15-15を始めてから若干飼い葉食いが細くなりましたが、体調は落ちることなく元気一杯です。馬体面での大きな変化は見られませんが、まだ体型的には子供っぽいシルエットなので、まだまだ成長の伸び代はありそうです。今後は飼い葉食い、馬体の成長を見ながら、問題なければ15-15を継続していく予定です。仕上がり次第では早めの始動も視野に入ってくるので、そのつもりで進めていきます」馬体重446s

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間もペースを変えず同じメニューで調教を行っています。この1ヶ月で数字的には9kgとそこまで増えてはいませんが、馬体が全体的に大きくなり逞しく感じるほどに成長してくれています。登坂時の動きは引き続き『軽快』そのものですが、それに最近では『力強さ』も加わってきました。体調面は飼い食いも良く、馬房でもまったく疲れを見せていませんよ。テンションは高めではありますが、気持ちが先行しないよう注意して騎乗していますし、どちらかというと前向きと表現していいレベルのものだと思います。以前に比べれば落ち着きが出てきていますし、特に問題なくこのまま進めていけそうで仕上がりは早そうですね。いまのペースで体重が増えていて精神的にも余裕があるので、今後はもう少しペースを上げていこうと思います」馬体重454kg

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:ソニックベガ
欧字表記:Sonic Vega
意味由来:音速の+星名。光り輝く活躍を期待して。母名より連想
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 逞しい首差し、厚みのあるトモ、筋肉の凹凸がはっきりと判別できる皮膚感、完成度の高い馬体の持ち主です。首をリズミカルに使った軽快な常歩や確実に地面を捉える安定したキャンターは、柔軟性に富んだ筋肉や体幹の強さを証明しています。オンオフの切り替えができる賢明さも魅力であり、鞍上の意のままに動ける優等生タイプになるでしょう。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:ソニックベガ 欧字表記:Sonic Vega 意味由来:音速の+星名。光り輝く活躍を期待して。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆ビーマイオーシャン◆
(17-54)
ディープストーリーの17 写真   2017年4月10日生 牡・青鹿毛

栗東・音無秀孝厩舎所属

父 エピファネイア
母 ディープストーリー
母の父 ディープインパクト

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週3回ウォーキングマシン
担当者「この中間も週に3回坂路でハロン15〜16秒のペースで乗り込んでおり、休まず元気よく調教に取り組んでいます。気性的には落ち着きを保てるようになり、成長を感じさせられます。坂路では最後の方になると苦しさから頭が上がり気味なってしまいますが、登坂回数を重ねていくにつれて徐々に動けるようになってきています。今後も乗り込みを継続しながら鍛えていけば、力強さが身に付いてくるようになるでしょう。この馬なりに飼い葉を食べている割には、まだ馬体の線の細さがあり、もうひと回りフックラしてほしいところではありますが、これから暖かくなるにつれてグンと良くなってくれるでしょう」馬体重421kg

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週3回ウォーキングマシン
担当者「この中間は週に3回坂路でハロン15秒のペースで乗り込んでいます。まだ最後の方になると苦しくなって頭が上がり気味になりますが、その中でもしなやかな動きを見せてくれるだけに、まだまだ伸びしろが十分あると思います。気性面では徐々に落ち着きを保ちながら調教が行えるようになり、成長が感じられます。ただ、馬体はまだ線の細さがあり、スッキリした感じなので、もう少し時間を掛けながら成長を促して行きたいと思います」馬体重421kg

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒〜16秒のキャンター1本、週3回ウォーキングマシン
担当者「2月中旬頃にリフレッシュ目的で騎乗運動を控えていましたが、再び坂路調教を開始しており、現在は休養前のペースに戻しています。背中はとても柔らかく、抜群の乗り味には素質の高さを感じますね。坂路コースではしなやかな動きを見せていますよ。ここに来てややテンションが高くなる場面が出てきましたが、それも許容範囲に収まっているので、今のところ問題になることはありません。馬体に関しては、やや線が細くもう少しフックラしてきてほしいところですが、飼い葉食いは良く、健康状態に何ら問題はありません。今後も馬体の成長を待ちながら気性面のケアも行いつつ、適度に刺激を与えていきたいと思います」馬体重430s

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒〜16秒のキャンター1本、週3回ウォーキングマシン、残りの日はトレッドミルで軽めの調整。
担当者「馬体の細化に気を配りながらの調整を続けていますが、馬体重は維持できています。ここ1ヶ月でハロン15秒台までペースを上げました。ペースを上げてもまったく疲れを見せることなく、健康そのもので予定通り乗り運動を継続しています。精神的にも引き続き落ち着いていて、コースでも馬房でもオンオフの切り替えをしっかりして過ごすことが出来ていますよ。坂路での動きの質は高まっていますし、騎乗者の指示にすぐに反応してくれるので、前向きな気性を上手に走りに活かすことができています。現状の課題は、馬体面にありますね。飼い葉は残さず食べていますから、現状のメニューを行いながら馬体の成長を待つことも必要だと考えています。順調にここまでこられてきているので、マシンの日も取り入れて調教にメリハリをつけて成長を促しながら、体力や筋力を鍛えて引き続き土台作りを継続していきます」馬体重436kg

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:ビーマイオーシャン
欧字表記:Be My Ocean
意味由来:海のように大きな存在であるように。母名より連想
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 ゴムまりのように弾力性に優れた筋肉が全身を覆いつくしており、サイズ以上の迫力を演出しています。また黒光りする毛艶は厳冬期でも光沢を失うことはなく、本馬の体質の強さを示唆しています。普段から走ることに前向きな気性の持ち主であり、そのエネルギーを最大限にまで溜め込むことで、直線では矢のような末脚を披露してくれそうです。
(シルクPOINT血統より)
 ノーザンファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:ビーマイオーシャン 欧字表記:Be My Ocean 意味由来:海のように大きな存在であるように。母名より連想
《写真》 その1



トウメイ

◆アルセスト◆
(17-56)
サダムグランジュテの17 写真   2017年1月26日生 牡・黒鹿毛

栗東・清水久詞厩舎所属

父 スクリーンヒーロー
母 サダムグランジュテ
母の父 キングカメハメハ

●戦績と勝ち鞍・主な入賞●
0戦0勝・2着0回(0-0-0-0)
【詳しい出走履歴を見る→】

●近況●
 2019.04.15 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週3回周回コースでハッキング2,250m
担当者「この中間も坂路でハロン15〜16秒の乗り込みを継続していますが、疲れを見せることもなく、元気に登坂していますよ。念のために外傷した左前肢のケアは怠らないように気を配っていますが、ここまでは問題なく進めることが出来ています。順調に乗り込んでいることもあって、前回より馬体はやや減ってしまっていますが、馬体を見る限り、幅が出て付くところに筋肉が盛ってきているので、この馬なりに逞しさが身についてきていると思います。気性はまだ子供っぽさが残りますが、徐々に大人になってきているのは確かなので、この調子で調教を行いつつ、心身ともに成長を促していきたいと考えています」馬体重445kg

 2019.04.11 最新情報
 11日(木)に産地馬体検査を受検いたしました。

 2019.04.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,250m、週2回周回コースでハッキング2,250m
担当者「3月上旬に左前肢の膝と球節を軽く外傷してしまいましたが、幸いにも程度が軽く、すぐ調教を再開することが出来ました。最初のうちは腫れが残っていましたが、治療と冷水などの処置を行い、今では調教後もスッキリしています。すぐ元の調教メニューに戻すことが出来たこともあって、緩むこともなく、順調に進められています。現在は週に3回坂路でハロン15〜16秒の乗り込みを行っていますが、徐々に前向きに調教に取り組むことが出来るようになってきているので、オン・オフの切り替えが素早く出来るようになれば、より良いですね。今後もトモをしっかり使ってバランスよく走らせることを重点に置きながら鍛えていきたいと思います」馬体重452kg

 2019.03.01 所有馬情報
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター1〜2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,300m
担当者「リフレッシュ目的で2月中旬に坂路調教を控え、周回コース中心のメニューを行っていましたが、現在は坂路調教を再開し、休養前と同じハロン15秒までペースアップしています。走りたいという気持ちがとても強い馬で、基本的には前向きに調教に取り組んでいるのですが、突然やる気を無くすことが度々あるので、もっと集中力を維持して走れるようにすること、また現状は前だけで走っている感じなので、今後はトモをしっかり使わせて全体のバランスを良くすること、この2点の改善に取り組んでいます。飼い葉は完食してくれますし、馬体・脚元ともに問題なく、とても健康的に過ごすことができていますよ。今後も課題を一つ一つクリアしつつ、体力強化に努めていきたいと思います」馬体重451s

 2019/02/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本、週3回ウォーキングマシン、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間、すこぶる順調に運動を継続できており、ハロン16秒でも手応えよく登坂できていることから、ハロン15秒台にペースを上げて運動を行っています。坂路以外の日はマシンですが、まだ持久力をつけていく段階ですから、焦らず順序を守って引き続き体力増強に努めていくつもりです。ここ数カ月での進歩としては、精神面ですね。メリハリをつけた調教がそうさせているのかもしれませんが、物見などもなく精神的に余裕があり、坂路調教の日は入り口で自ら走りたいといった気持ちを全面に出して、グッとハミを取って前向きに登坂してくれています。フォームも良くはなってはいますが、いいフォームを維持する体幹や体力をつけていく必要がありますね。今後もこのペースでしっかりと乗り込み体幹を鍛え、良いフォームを維持したまま最後までしっかり登坂できるように鍛練していきます」馬体重460kg

 2019/01/24 <最新情報>
競走馬名が決定しました。
競走馬名:アルセスト
欧字表記:Alceste
意味由来:バレエの作品名。母名より連想
(4/15 シルク短信より)
●出走予定・登録など●


●コメント●
 骨量豊富で伸びやかな骨格バランスや、厚い胸板に丸々とした臀部など、父産駒らしいパワフルなスピード感が浮き立つ馬体です。前肢の掻きこみが強いダイナミックな走りはライバルを圧倒する迫力で、積極的に馬群をリードする姿から旺盛な心的エネルギーを感じ取れます。主導権を握って押し切る豪快なレース運びで勝利を積み重ねてくれるでしょう。
(シルクPOINT血統より)
 白老ファームの生産馬です。
 19.01.24日 馬名決定 競走馬名:アルセスト 欧字表記:Alceste 意味由来:バレエの作品名。母名より連想
 19.04.11日 11日(木)に産地馬体検査を受検いたしました。
《写真》 その1



トウメイ

2016年度産駒へ ←← ↑うまなりメイト 入口へ↑ →→2018年度産駒へ
  サイトマップへ